pursuit of happiness

「この展覧会のテーマは『仕合わせ』じゃないだろうか?」 ウェブサイトを見て、そう感じてくださった方がいらっしゃいます。「幸せ」ではなく「仕合わせ」。

もともと「しあわせ」の語源は「し合わす」、つまりなにか二つの動作が合わさることを意味していました。「めぐり合わせ」と言い換えることもできるでしょう。良いめぐり合わせがあれば悪いめぐり合わせもあるように、「仕合わせが良い」「仕合わせが悪い」という言い方があったようですが、江戸時代以降、良い方だけが残り「幸せ」という漢字が当てられたそうです。ですから、異なる二つのいと(糸/意図)がどのように交わるのか、その関係性に注目しようとしているこの展覧会に、「仕合わせ」を見て取ってもらえるのはとてもうれしいことです。

川本さんによるオリジナルケーキのイメージスケッチ

実はその方は、当館から徒歩20分ほどのところにあるパティスリー「ムッシムパネン」のオーナーパティシエ川本さん。”pursuit of happiness”をテーマに「交わる いと」のオリジナルケーキを考えてくださいました。展覧会の会期中には店舗にお目見えしますので、展覧会を見終わった後に訪れて、川本さん流の「交わる いと」をぜひ味覚でも楽しんでみてください。

 

ムッシムパネン(MUSIMPANEN):広島市中区銀山町1-16

*現在は、当館で10月15日まで開催中の「モナ・ハトゥム展」のオリジナル・ケーキを店舗にてお楽しみいただけます。

2017年10月12日(木)

ページのトップへ戻る