図書コーナー

ぼちぼちとリピーターの方を見うけるようになりました。2度目、3度目で展覧会や作品の見え方がどんなふうの変わるのか、とてもたのしみなところです。

とにかくひたすらに見ることもおススメですが、すこし寄り道をして、関係する本をひらいてみるという手もあります。

展覧会場を出たところに、小さな図書コーナーを設けています。事務所の本棚から降ろしてきた書籍で、視野をすこし広げてくれるようなものをセレクトしています。

 

東京国立近代美術館工芸館『素材の領分』展図録 1994年
東京国立近代美術館工芸館『現代の布—染と織の造形思考』展図録 2001年
福岡県立美術館『糸の先へ いのちを紡ぐ手、布に染まる世界』展図録 2011年
辻喜代治(編)『FIBER ART JAPAN』1994年
Japan Society『FIBER FUTURES  Japan’s Textile Pioneers』2011年
しょうぶ学園『Nui Project 刺繍の針目』2003年
福本繁樹(編)『21世紀は工芸がおもしろい』2003年
『現代思想 総特集 木村敏 臨床哲学のゆくえ』2016年11月

 

また、広島市立中央図書館(広島市中区基町3-1)では、展覧会によせて「糸をみつめる」と題した図書展示を実施してくださっています。お近くの方はぜひお立ち寄りください。

2018年01月23日(火)

ページのトップへ戻る