日々の生活—気づきのしるし

夏から冬にかけての金沢で、呉夏枝さんがとても魅力的な展覧会に参加されます。

https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1747

「日々の生活—気づきのしるし」と題された展覧会。金沢21世紀美術館での展覧会参加は「Inner Voices—内なる声—」(2011年)以来2度目になります。

じつは呉夏枝さん、当館での展示は今回の「交わる いと」が初めてですが、広島では2008年に展覧会に参加されています。それが旧日本銀行広島支店で開催された「ヒロシマ アート ドキュメント 2008」です。当館の角学芸員が展覧会について寄稿していたので、参考までに。

http://www.dnp.co.jp/artscape/exhibition/curator/sn_0809.html

《不在の存在》(2008年)

2017年08月02日(水)

ページのトップへ戻る