BINDING THREADS/EXPANDING THREADS

交わるいと 「あいだ」をひらく術として

アーティスト一覧

2017年12月22日(金)-2018年3月4日(日)

広島市現代美術館

平野薫《untitled -red NIKE-》[部分]2009 高橋コレクション Photo: Felix Weinold, tim|State Textile and Industry Museum Augsburg

織物の大半は空気でできています。織物の質量のうち繊維が占める割合は通常20〜50%に過ぎず、繊維を撚って糸を紡ぐにも、糸と糸を交わらせて布を織るにも、そこには必ずすき間ができます。そのすき間、空間があるからこそ、布は薄く軽やかで、伸び縮みして丈夫で、あたたかくあることができるのです。糸と糸がどのように交わって、どのような形のすき間をつくるのかによって、布の布たる所以が生まれ、その性質や表情もできあがっていきます。

この展覧会では、糸や布、繊維を素材に制作を続ける15人と1組の作り手たちによる営みを紹介します。伝統工芸から現代美術、デザインまでジャンルはさまざま。それらを貫く導きの糸としたいのが、精神病理学の第一人者であり臨床哲学の先駆者でもある木村敏の次のような言葉です。「自己とは、自己と他者とのあいだ ―現在の事物的世界とのあいだだけでなく、当面の他者とのあいだ、所属集団とのあいだ、過去や未来の世界とのあいだなども含む― の、そしてなによりも自己と自己とのあいだの関係そのもののことである」(『関係としての自己』みすず書房、2005年)。つまり糸や布と向き合うことで、自己そして人の生のあり方をふかく見つめてみようというわけです。

タイトルの「いと」は素材としての「糸」を意味すると同時に、作り手たちの「意図」でもあります。糸が交わって布が生まれるように、作家たちの意図が交わってこの展覧会ができていきます。さらにみなさんが会場を訪れ(あるいは会場を出て、まちを散策し)、思い思いに交わりながら「あいだ」の関係を幾重にも紡いでみてください。

会期:
2017年12月22日(金)~2018年3月4日(日)
開館時間:
10:00〜17:00 ※入場は閉館の30分前まで
休館日:
月曜日(ただし1月8日、2月12日は開館)、1月9日(火)、2月13日(火)、年末年始(12月27日~1月1日)
観覧料:
一般1,030円(820円)、大学生720円(620円)、高校生・65歳以上510円(410円)、中学生以下無料
※( )内は前売りおよび30名以上の団体料金
主催:
広島市現代美術館、中国新聞社
後援:
広島県、広島市教育委員会、広島エフエム放送、尾道エフエム放送

ARTISTS

上原美智子《たてわく しろ(14d)》2001

上原美智子《たてわく しろ(14d)》2001

上原美智子UEHARA Michiko

1949年沖縄県生まれ。東京で柳悦博に師事して織物を始める。沖縄に戻り、大城志津子に沖縄の伝統的な織物を学ぶ。1979年「まゆ織工房」を設立し、独自の織を手がけるようになる。「あけずば織」と名付けられたその織物は、沖縄の言葉でとんぼ(あけず)の羽(ば)を意味する通りにとても薄く、透明感をたたえている。

上前智祐《縫立体(紫)》制作年不詳 大阪府蔵

上前智祐《縫立体(紫)》制作年不詳
大阪府蔵

上前智祐UEMAE Chiyu

1920年京都府生まれ。少年時代より絵画に興味を持ち、1947年には二紀会に入選。その後、吉原治良に指導を仰ぎ、1954年に具体美術協会の結成に参加。解散するまで在籍し、点と線が稠密する抽象画を描きつづけた。1970年代後半からは、糸や木、マッチの軸やおがくずなど多様な素材を用い、綿密な手仕事による制作を行っている。

呉夏枝 個展「−仮想の島−grandmother island 第1章」展示風景(2017/MATSUO MEGUMI + VOICE GALLERY pfs/w)

呉夏枝 個展「−仮想の島−grandmother island 第1章」展示風景(2017/MATSUO MEGUMI + VOICE GALLERY pfs/w)

呉夏枝OH Haji

1976年大阪府生まれ。2012年京都市立芸術大学美術研究科博士課程を修了。主に染織、刺繍、編む、結ぶなどの技法による制作活動を通じて、自らのルーツやアイデンティティを探求してきた。さらに近年では、海路を手がかりに個人の物語や歴史を「私たち」の記憶として共有するためのプロジェクトに取り組んでいる。現在、オーストラリアに在住。

hajioh.com

加賀城健《Manipulation−モツレル、ウンガ、ナガレノ》2009

加賀城健《Manipulation−モツレル、ウンガ、ナガレノ》2009

加賀城健KAGAJO Ken

1974年大阪府生まれ。2000年大阪芸術大学大学院芸術制作研究科を修了。習得した染色の技法とその思考を基礎にして、従来の染色工芸の枠には収まらない多様な表現に挑戦しつづけている。美術と工芸の境界を往来しながら実験的に生みだされる作品の数々は、染色の源流へと遡る思索の軌跡でもある。

北村武資《洗朱色透文羅裂地》2010 京都国立近代美術館蔵

北村武資《洗朱色透文羅裂地》2010
京都国立近代美術館蔵

北村武資KITAMURA Takeshi

1935年京都府生まれ。中学校を卒業後、京都西陣で織の道に入る。1959年に龍村美術織物株式会社に入社し、その後、独り立ちへの歩みを始める。1972年に中国で発見された古代織「羅(ら)」の写真を見て関心を抱き、研究と制作を重ねる。1995年には「羅」のわざで、2000年には「経錦(たてにしき)」のわざで重要無形文化財保持者として認定された。

熊井恭子《AIR CUBE》1996 群馬県立近代美術館蔵 撮影:畠山崇

熊井恭子《AIR CUBE》1996 群馬県立近代美術館蔵
撮影:畠山崇

熊井恭子KUMAI Kyoko

1943年東京都生まれ。1966年東京藝術大学美術学部を卒業後、一枚の布に出合ったことをきっかけに織による布づくりを始める。1975年頃から布を膨らませてみるために金属素材を採りいれ、織以外の様々な技法も試みている。金属の光沢とバネの性質を活かした独自の技法は有機的なかたちを生みだし、大気にいのちを宿している。

kyokokumai.com

鈴田滋人《木版摺更紗着物「叢葉」》2015

鈴田滋人《木版摺更紗着物「叢葉」》2015

鈴田滋人SUZUTA Shigeto

1954年佐賀県生まれ。1979年武蔵野美術大学日本画科を卒業後、「鍋島更紗」の復興と研究に尽力した父 鈴田照次の後を継ぐ。木版と型紙を併用し、小さな型の繰り返しから実現される空間は揺らぎをかもし、着物の枠を超えて大きく広がる。2008年に「木版摺更紗」のわざで重要無形文化財保持者に認定された。

須藤玲子《オーガンジー白雨》2014

須藤玲子《オーガンジー白雨》2014

須藤玲子SUDO Reiko

1953年茨城県生まれ。武蔵野美術短期大学専攻科を修了後、武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科テキスタイル研究室助手を経て、1984年に株式会社布(NUNO)の設立に参加。現在は取締役デザインディレクターを務める。日本の伝統的な染織技術から現代の先端技術までを駆使し、新しいテキスタイルづくりをおこなっている。

www.nuno.com

関島寿子《容と線 Ⅵ》2008 撮影:桜井ただひさ

関島寿子《容と線 Ⅵ》2008 撮影:桜井ただひさ

関島寿子SEKIJIMA Hisako

1944年台湾生まれ。1966年津田塾大学英文学科を卒業。1975年から4年間ニューヨークに在住し、ジョン・マックイーンなどから現代的工芸のアプローチを学んだことが大きな転機となる。あらゆるかごを素材―構造―形態の関連性から分類して独自の「かごづくりの定式」を打ちだしながら、創作において思索と実験を繰り返し、自在な造形を生みだしつづけている。

髙木秋子《木綿地風通織着物「ミモザの季節」》1995 福岡県立美術館蔵

髙木秋子《木綿地風通織着物「ミモザの季節」》1995 福岡県立美術館蔵

髙木秋子TAKAGI Akiko

1917年北京生まれ。1937年福岡県立女子専門学校を卒業。十代から洋画を学ぶが、戦後、織の道に進む。様々な染織技法を研究しながら、やがてスーピマ綿という超長繊維に魅せられ、その特質を活かす織として独自の風通織に到達した。二重織でありながらしなやかで、裏の色が表に映える美しい織である。2008年に死去。

野間口圭介(nui project)シャツ 2004-06 しょうぶ学園蔵

野間口圭介(nui project)シャツ 2004-06
しょうぶ学園蔵

ヌイ・プロジェクトnui project

鹿児島の知的障害者支援施設「しょうぶ学園」のなかで、1992年から始まった布の工房活動である。まっすぐに間違いなく縫う作業が課されるのではなく、ひとりひとりが自由に針と糸を動かしつづける行為が尊重される。現在27名のメンバー(園生)と5名の工房スタッフの協働により、日々多様な表現が生みだされている。

www.shobu.jp/nui.html

平野薫 《untitled -red NIKE-》 2009 高橋コレクション Photo: Felix Weinold, tim|State Textile and Industry Museum Augsburg

平野薫《untitled -red NIKE-》2009
高橋コレクション
Photo: Felix Weinold, tim|State
Textile and Industry Museum Augsburg

平野薫HIRANO Kaoru

1975年長崎県生まれ。2003年広島市立大学大学院芸術学研究科博士後期課程を修了。古着の衣服を糸の一本一本にまで解き、再構成する繊細なインスタレーションを手がけている。糸という素材に還元されることで可視化された時間は、作家が作業に費やした時間ばかりではなく、他者の記憶や衣服に染み込んだ歴史と結びつく。

www17.plala.or.jp/hiranokaoru

福本繁樹《たちわき ’92-A》1992 染・清流館蔵

福本繁樹《たちわき ’92-A》1992 染・清流館蔵

福本繁樹FUKUMOTO Shigeki

1946年滋賀県生まれ。1970年京都市立美術大学専攻科を修了。1976年から染色作品の発表を始める。染を日本固有の文化として捉えなおした著作もあり、蠟染と布象嵌を二つの柱として自在な創作活動を展開している。またニューギニアをはじめとした南太平洋の島々へのフィールドワークを繰り返し、民族藝術への造詣も深い。

福本潮子《対馬Ⅹ》2012 京都国立近代美術館蔵

福本潮子《対馬Ⅹ》2012
京都国立近代美術館蔵

福本潮子FUKUMOTO Shihoko

1945年静岡県生まれ。1968年京都市立美術大学西洋画科を卒業。自身の中にある空間イメージを表現できる色として青にこだわりつづけ、1970年代後半より藍染を始める。近年では生産の途絶えた自然布を素材にして、布に蓄積された歴史的な風土や日本的な生命力を藍染の青によって引きだすという新たな展開を見せている。

web.kyoto-inet.or.jp/people/shihoko/

堀内紀子《浮上する立方体の内包する空気》1977 京都国立近代美術館蔵

堀内紀子《浮上する立方体の内包する空気》1977
京都国立近代美術館蔵

堀内紀子HORIUCHI Toshiko

1940年東京都生まれ。1964年多摩美術大学美術学部デザイン科を卒業後、渡米し、1966年クランブルック・アカデミー・オブ・アートで修士課程を修了。編みによる作品を制作すると同時に、70年代からカラフルなネットによるプレイ・スカルプチャーを手がける。1990年Interplay Design & Mfg. Inc.を夫のCharles MacAdamと設立し、Public art for kidsを掲げて活動している。

netplayworks.com

宮田彩加《MRI SM20110908》2016 撮影:麥生田兵吾

宮田彩加《MRI SM20110908》2016 撮影:麥生田兵吾

宮田彩加MIYATA Sayaka

1985年京都府生まれ。2012年京都造形芸術大学大学院芸術表現専攻修士課程を修了。当初は自身で染めた布に手刺繍を施した作品を手がけていたが、やがて刺繍をメインにした制作を始める。コンピューターミシンの特性を逆手に取って、意図的にバグを介入させ、縫い目が飛んだり不自然に糸が重なったりするエラーを表現に取り込んでいる。

www.sayakamiyata.com

PROGRAM

出品作家によるリレー・トーク

出品作家が展覧会場にて自身の活動や今回の作品について語ります。

日時|12月22日(金)10:30~

参加作家| 上原美智子、平野薫、関島寿子、熊井恭子、ヌイ・プロジェクト(福森順子副施設長)、
鈴田滋人、呉夏枝、宮田彩加、加賀城健、福本繁樹、福本潮子(予定)

※要展覧会チケット、事前申込不要

ワークショップ1「ほどいて、ひらいて」

小さな布や古着を解いて、みんなでいっしょに
大きく開いていくワークショップです。
できた作品は美術館に展示されます。

日時|1月20日(土)13:00~17:00
講師|平野薫(本展出品作家)
定員|20名
対象|小学3年生以上(ただし小学生は保護者同伴)

※要事前申込、応募多数の場合は抽選

応募フォームはこちら

ワークショップ2「ほどいて、あみなおす」

かご、セーター、網などをすこし解いて、
自分の考えと素材を加えてあたらしいかたちに
「あみなおす」ワークショップです。

日時|1月27日(土)、28日(日)各日13:00~17:00
講師|関島寿子(本展出品作家)
定員|20名
対象|16歳以上で、2日間とも参加可能な方

※要事前申込、応募多数の場合は抽選

応募フォームはこちら

[ワークショップの申込方法]

応募フォームまたは往復はがきにてお申込みください。
往復はがきには、①参加したいワークショップの名前、②参加希望者の氏名(1通につき2名まで)、③年齢、④住所、⑤電話番号を明記の上、
お申込みください。

往復はがき宛先:
〒732-0815 広島市南区比治山公園1-1 広島市現代美術館「交わるいとワークショップ」係
締切:1月9日(火)必着

映画「幸福は日々の中に。」上映会+アフタートーク

映画「幸福は日々の中に。」上映会+アフタートーク

nui projectを発信する知的障害者施設しょうぶ学園。そこに流れる日常を描きだしたドキュメンタリー映画「幸福は日々の中に。」を上映します。上映後はしょうぶ学園の施設長をお迎えし、アフタートークを開催します。

日時|2月12日(月・振休)14:00~16:00

トークゲスト| 福森伸(しょうぶ学園施設長)
[聞き役]津口在五(鞆の津ミュージアム学芸員)

会場|地下1階ミュージアムスタジオ
定員|120名

※要展覧会チケット(半券可)、当日10:00より受付にて整理券配布

福森伸FUKUMORI Shin

1959年鹿児島県生まれ。知的障害者支援施設しょうぶ学園施設長/工房しょうぶ主宰。
日本体育大学卒。1983年より障害者支援施設「しょうぶ学園」に勤務。木材工芸デザインを独学し、自らも制作者の一人として、木工、陶芸、和紙、絵画、造形活動を中心にする「工房しょうぶ」を設立。縫うことにこだわったプロジェクト「nui project」をはじめ、音パフォーマンス「otto&orabu」・家具プロジェクト・食空間コーディネートなど「衣食住+コミュニケーション」をコンセプトに、知的障害をもつ人のさまざまな表現活動を通じて多岐にわたる社会とのコミュニケート活動をプロデュースしている。

津口在五TSUGUCHI Akigo

1976年広島県生まれ。鞆の津ミュージアム学芸員。 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了。2013 年にミュージアムの母体である社会福祉法人創樹会に入職後、障害者支援施設で生活支援員として働きながら、展覧会の企画・運営に携わり始める。共同で企画した展覧会に『ヤンキー人類学』『花咲くジイさん~我が道を行く超経験者たち~』『スピリチュアルからこんにちは』『障害(仮)』。企画展として『凸凹の凹凸~さわってみるこの世界~』『Re:解体新書』『原子の現場』がある。

学芸員によるギャラリー・トーク

担当学芸員が展覧会の趣旨や展示の意図、作品の見方などについて解説します。

日時|12月23日(土・祝)、1月2日(火)、1月21日(日)、2月18日(日) 各日14:00~15:00

※要展覧会チケット、事前申込不要

アートナビ・ツアー

当館アートナビゲーターが展覧会の見どころや作品の魅力についてお話しします。

日時|毎週土曜日、日曜日、祝日
11:00~11:30および14:00~14:30(学芸員によるギャラリー・トーク開催時は除く)

※要展覧会チケット、事前申込不要

PROJECT

オープンリサーチ・プロジェクト

糸や布の魅力をひろく知り、「あいだ」についてふかく考えるためのプロジェクトを美術館の内外で展開します。

小森はるか+瀬尾夏美「波のした、土のうえ」巡回展

映像作家の小森はるかさんと、画家であり著作家でもある瀬尾夏美さんは、東日本大震災を契機に陸前高田市に移り住み、現在は仙台市に拠点を置いて活動を行っています。地元住民と協働してつくった映像作品と、土地を歩き続けて紡ぎだした絵や文章などの平面作品とで構成された展示です。「波」と「土」の間で起こった出来事を、記録と表現のあいだにつないでいこうとするこの巡回展は、たくさんのことを気づかせ、考えさせてくれます。
komori-seo.main.jp

会期|12月12日(火)~2月4日(日)

会場|当館地下1階ミュージアムスタジオ

観覧無料

関連プログラム

てつがくカフェ 『二重のまち』から考える

瀬尾夏美さんが書いた『二重のまち』をもとに参加者同士で対話する、
てつがくカフェを開きます。

日時|1月14日(日)13:00~16:30

ファシリテーター| 西村高宏(福井大学 医学部 准教授)、
近田真美子(福井医療大学 看護学科 准教授)

会場| 地下1階ミュージアムスタジオ

《波のした、土のうえ――置き忘れた声を聞きに行く》2014年 [映像作品]

《波のした、土のうえ――置き忘れた声を聞きに行く》
2014年 [映像作品]

巡回展「波のした、土のうえ」in 盛岡(2015年 Cyg art gallery)展示風景

巡回展「波のした、土のうえ」in 盛岡
(2015年 Cyg art gallery)展示風景

4つのギャラリーによる企画展示

横川創苑

横川創苑
広島市西区横川町3-11-12

souensouso.com

「是恒さくら:story whaling」 12/22-1/11

cite’

cite’ 
広島市中区幟町 9-1-1F

www.cite.jp

「COSMIC WONDER:竜宮衣 原始ノ布から」展 12/22-1/7
tentenhouse「fil —— 森から」展 2/15-2/26

オリエンタルデザインギャラリー

オリエンタルデザインギャラリー
広島市中区田中町6-10
オリエンタルホテル広島1F

www.oriental-hiroshima.com/events/841/

「Our Inspirations for SPOLOGUM スポロガム展」 1/18-1/31

84|はちよん

84|はちよん
広島市中区幟町7-10

84-hachiyon.com

「pot and tea: waltz of the flowers」 2/15-2/17
「pot and tea: 2018 haru natsu 展示会」 2/22-2/27

アクセスマップ

ムッシムパネンのオリジナルケーキ

ムッシムパネン

「交わるいと」オリジナルケーキが“pursuit of happiness”をテーマにできあがります。
糸や布の魅力を味覚でも楽しんでみてください。会期中、ムッシムパネン店舗(広島市中区銀山町1-16)でどうぞ。

ページのトップへ戻る